Mayim Mayim
BENCI CAMP & Mayim Mayim
BENCI CAMP & Mayim Mayim Open Air Party2013
HOUSE & Comfortable Music。
今回は、久しぶりに、レジテントDJ3人でじっくりと音を紡いでいきます。 エントランスフリーなので、気軽に一杯呑みに来てくださいね。
< DJ > OGAWA、kemmm、KURIO
BENCI CAMP & Mayim Mayim Open Air Party2013
下北沢南口商店街、ミスタードーナツ横の道を入り、DISC SHOP ZEROの
ちょっと先の右手にMOREの看板があります。そのビルの地下です。
03-3422-1995
東京都世田谷区北沢2-18-5 NeビルBF >Google Map
http://smktmore.com/

next party
BENCI CAMP & Mayim Mayim
BENCI CAMP & Mayim Mayim Open Air Party2013
秋の夜長、星を見上げながら焚き火を囲み、絶品料理に舌鼓を打ち、
最高の音に包まれる。
渋谷、神南に店をかまえるcafe「BENCI」と、
今年10周年を迎えるパーティー「Mayim Mayim」のコラボレーション。
START:
お問合せ:
開催概要:
15:00 〜 Till noon
info.bencicamp@gmail.com
http://benci.jp/tanzawa
http://www.mayimmayim.info
< ご注意 >
※【 web申込先着200名限定 】ですので、当Webから早めに
 お申込ください。(食材確保のため、お申込締切 9/23)

※定員になり次第締切
※駐車場ご利用の場合、1台につき1,000yen(当日受付にてお支払い)
※食事の準備がございますので、22時までにご来場ください
※小学生以下のお子様は参加無料です   ※休憩施設有り
参加お申込 フライヤー
参加申込の流れ
1)申込フォームに必要事項を記入し送信してください。
2)ご登録内容の確認メールが届きますので内容をご確認ください。
3)参加費等のご案内メールをお送りしますので、指定口座へ代金をお振込みください。
4)お振込みの確認と、当日のご案内のメールをお送りさせていただき、
  ご登録完了となります。
ディナー
三田健義
8,000yenの参加費には当日のディナーが含まれます。
BENCIのオーナーシェフである三田健義が、BBQを主体としたアウトドア料理と、パスタや身体温まるスープなどをご用意。

三田健義 Takeyoshi Mita(渋谷神南「BENCI」http://benci.jp
15歳より渡英。帰国後、イタリア人、エジプト人シェフのもとでイタリアンを学ぶ。その後寿司、韓国料理、ピッゼリア・和フュージョンの料理長、目黒レストランシェフを経て、現在は、渋谷 「Benci by MIDWEST CAFE」のオーナーシェフ。今後は、場所&ジャンルにこだわることなく「フュージョンスタイル」を拡張すべくニューロカフェ定期イベント「 バー木」をはじめ様々なジャンルの店舗&イベント&レシピプロデュース等も手がける。
店舗

手打ち蕎麦:×天
クレープ:CIRCUS CREPE
ティラミス&コーヒー:Roman Records Cafe
キャンドル:George man candle
※参加費とは別料金です

貸切バンガロー&テント

手ぶらでもお越し頂ける様、貸切バンガロー及びテントを
ご用意しております。
Webフォームから参加申込と共にお申込みください。

<貸切バンガロー> <貸切テント>
6人用
8人用
10人用
15人用
満室)¥10,000
満室)¥12,000
(2棟)¥15,000
(2棟)¥18,000
4人用 ¥10,000
※数に限りがありますので
 お早めにお申込ください
ご自身でテント持参される場合は
 お申込の必要ございいません

アクセス
三田健義
車 車: 東名高速「大井松田IC」から国道246を西へ。
「清水橋」交差点を右に入り県道76を北上。
都内から約1.5時間。

電車 電車: 小田急線「新松田駅」下車。
御殿場線「谷峨駅」下車。
両駅共に、富士急行「西丹沢行き」の
バスに乗り「大滝橋」下車。徒歩1分。

  大滝キャンプ場:
  〒258-0201 神奈川県足柄上郡山北町中川879
  Google Map >>
大滝キャンプ場
キャンプ場写真1キャンプ場写真2キャンプ場写真3
出演アーティスト Mayim Booth
<GUEST DJ>
ackky

■ackky (journal)


東京出身のアーティスト。その活動の場はDJや、トラック・メイクだけに留まらず、昨年アルバムを発表し話題になったアーバン・ポップバンド、LOVE ME TENDERでは、Sax & Vocalとして参加。またデザイナーとしてアート・シーンとリンクし、スケーターとして、若きクリエイターたちからリスペクトを受けるなど、東京カルチャーを体現する、精力的な活動を続けている。

■田中 The Record (mescalito)



■fishu



■MO3(output)


■peep(output/aNSWEr)


dance party「output」主宰。
2003年より、大宮「Bar meme」を中心に、人と人の繋がり、音楽のチカラを信念として活動を開始。 都内で活動する様々なDJとの共演も話題を呼んでいる。
<RESIDENT DJ>

■OGAWA(sugar plant)


■kemmm


■KURIO



<VJ>

■mixer


15年以上続くアンダーグラウンドパーティーLifeForceの映像部門として活動をスタート。以来、LifeForceでの活動を中心に、東京アンダーグラウンドパーティーシーンに出没。また2005年12月より、9dw、NXSのドラマーでDJでもあるCozi SatoらとパーティーBANK!をオーガナイズ。フィードバックや古典的なサイケデリックパターン等の抽象的なグラフィクスを、リアルタイムコントロールしながらロングミックスしていくという手法で、好評を得ている。 http://mixer.cc/

<SOUND SYSTEM>

■MASSIC inc.



Mayim Booth
<LIVE>
千尋

■千尋


-どこか懐かしく、ゆえに新しい-
横浜出身/在住。
その印象は柔らかで素朴なオーガニック・コットン。
優しいだけではなく、時に逞しさや、繊細な表情を、その歌声 に含ませる。
アコースティックを中心としながらも、Jazz、Reggae、Soulなど、ジャンルにとらわれない多彩な表現と、女性的でナチュラ ルな視点の歌詞は、性別、年齢を越え多くの人に支持されている。
CDリリース前から、野外イベントへの出演、スノーボードDVDへの楽曲提供などが噂を呼び、ライブ活 動の範囲は全国規模に。
2009年、ファーストアルバム「うたうため」をリリース。
(Life Music Lab./Happiness Records)
2012年 3月3日セカンドアルバム「この街から」をリリース。
(Happiness Records)
彼女の歌を耳にし、心温める人々は、今まで以上の速度で増え続けていくのだろう。
http://www.utautame.com/
The KAH

■The KAH


大型フェスからライブハウス、クラブと場所を選ばず出演を重ねて確実に各会場を湧かせてきたバンド「BREMEN」のプロデューサー兼ブレインとして活動してきたKOHJIROとHAIOKAによる新プロジェクト。
TPO に合わせて加えるアレンジやゲストメンバーなど毎ライブ毎に変化に富んだ構成と、現場を熟知したクリエイションで盛り上げて魅せる。近年、フロアを揺らし 続けてきたThe KAHが2013年夏よりChill outセットでのライブも展開。何が飛び出すかわからない彼らから目が離せない。
http://www.youtube.com/watch?v=gMd294hwR1U
HATAKEN

■HATAKEN


analogue synthesizer & percussion , DJ
90年代より「変容意識と音」を探求。クラブ、野外レイブ等でライブ、DJのキャリアを重ね、2004年にKen Machinesに参加、アナログシンセ使いの旗手として海外からも注目を集めている。アナログシンセの本質をサイケデリックにフィーチャーするHataken サウンドはdeep & spiritual 。最近ではBoom fest.2012にての満月の夜の6時間におよぶアナログシンセライブの成功は記憶に新しい。今年はSonica dance festival 2013 , O.Z.O.R.A. festival 2013の最終日を飾る!
・profile on Sonica festival
http://www.sonica-dance-festival.eu/content.php?page=art%2Fdetail&id=130
・profile on O.Z.O.R.A. festival
http://ozorafestival.eu/#/program/hataken
・Sound cloud
http://soundcloud.com/hataken
・Hataken.info (official web)
http://hataken.info/
PENI

■PENI


FUNKYなボーカルスタイルを武器にシーンを渡り歩くシンガーソングライター、「PENI~」。
ROCK、SURFmusic、R&B、REGGAE、FUNKさまざまなスタイルを採り入れ自らの音楽を追求している。
岡山出身。大自然の中のびのびと成長。高校卒業後、単身神戸へ。
この頃よりウッドベース(新井洋平氏)、カホン(ピアノジャック:ヒロ氏)等と、頻繁にセッションを行いながら独自の弾き語りスタイルで本格的に活動を始める。
2008年7月弾き語りでの活動が定着し、神戸VARITにて初ワンマンLive『PENI~独立記念日・これからもスネかじってもいいですか?vo.1』敢行。
初ワンマンながら動員約200人と成功を納め、その後も、ワンマン、ストリート、船内ライブなど場所を選ばないスタイルで精力的に活動を続けている。
CD
1st Album:New Vintage Tone
2nd Album:オーライ
DOTCHMO acoustic ORCHESTRA

■DOTCHMO acoustic
 ORCHESTRA


KOHDAI (B:RIDGE style) vo/ag 
AKITO (B:RIDGE style) per.
宮腰 理 vo/key
啓太郎 (K-106) sax
2012年、度重なるセッションより始動。acoustic による sound の探求。スタンダード、ニューオーリンズ、ファンク、ブルース、ソウルや歌謡までを含むそれぞれのルーツを辿ってオリジナルのグルーヴに召喚。不定期ではあるが、時に Ryuji(モーフの旅) もこのセッションに参加し、メルヘンへの扉も開く。
座右の銘は、調和。各地でDOTCHMO freak急増中!?
http://dotchmo.com/
yozo x CHAN-MIKA x yozo

■yozo x CHAN-MIKA
 x yozo


CHAN-MIKA (vo)
横浜出身。
R&B、HIPHOPに衝撃を受けClubで歌いはじめる。ファンク・ソウル・ジャズ・レゲエの生音に魅了されNY・JAMAICA・AUSTRALIA等海外でのセッションを重ね、2011年 OASIS BOB MAREY SONGS DAYにおいて最優秀賞を獲得。“ファンシーなハスキーヴォイス”と”ファンキーなライブパフォーマンス”で正式音源リリース前にも関わらず「One Love Jamaica Festival」「Green Green Music Festival」「Ocean Peoples」など野外フェスへ出演。2012年8月に待望の1stアルバム「SIDE 2 SIDE」をリリースし、iTunes Reggae部門でBEST NEW ARTISTに選出され、現在最も注目を浴びている女性シンガーとして今後の活動が期待されている。
http://chan-mika.info/

yozo (gt)
Rickie-G、CHAN-MIKAをはじめ様々なアーティストのサポートギタリストであり、アルバムのプロデュースおよびトラックのアレンジなど幅広く手掛ける。多彩かつ独創的なラインで多くのミュージックラバーを魅了、周りのミュージシャンに言わせれば「彼のようなギタリストは、まったく彼しかいない。」

yozo (sax)
庸蔵(ようぞう)。
Jazz界の鬼才・菊地成孔をはじめ、津上研太、藤原大輔氏に師事。Rickie-G、Shing02、朝本浩文、大石昌良、波音(ex 小林亮三)、サカノウエヨースケ、榎本くるみ、cana(sotte bosse)、SUIKAなど様々なアーティストと交流。共演、サポートやコラボレーション、レコーディングなどジャンルレスに活躍中。2011年自身初のリーダーバンド"tsukuyomi"(庸蔵's band style)始動。作詞作曲編曲をすべて自身で行い、リキッドライティングによるVJとのコラボレーションなど独創的としかいいようがない世界を構築。8人のメンバーによるアコースティックな8音が即興と組織されたアンサンブルを自在に行き来する。2013年10/11に青山で初のワンマンliveが決定!
DOTCHMO acoustic ORCHESTRA

■星子健太郎


心を揺さぶる、哀愁のハスキーボイス。バンドでのギターリストの経験を捨てて独学で歌を歌い始め、同時に作詞・作曲も行いながらライブハウスやバー、カフェでライブを行い高い評価を得る。一度耳にしたら忘れられない歌声と、ポピュラーな楽曲を合わせ持ったステージは、聴く人の心を掴んで離さない。
<DJ>

■Akaashi (Day In Day Out)


■COUNTRY TAMURA


■DJ NORO(Day In Day Out / Get Wild)


■DJ kaku(FUBUKI)


■DJ TEPPEI (st pax cafe)


■JAZZKARATE(half-doors / NH / Y&M)


■SHAMI(Soi Productions / Infiltrate Zine)


■naho(BENCI)


■KENJI(to the low life)

<照明>

■ひかりあそび



<SOUND SYSTEM>

■OTODASHI SOUND

インフォメーション
参加申込 : http://www.mayimmayim.info/signup/
開催概要 : http://benci.jp/tanzawa  http://www.mayimmayim.info
お問合せ : info.bencicamp@gmail.com
※会場内での直火、危険物や違法薬物の持ち込みは禁止します。 ※ゴミ0イベントです。ゴミは各自お持ち帰り下さい。
協賛
afaf
Copyright(c) 2014 Mayim Mayim All Right Reserved.